MBT 赤い靴

MBTシューズの履き方

2020年05月20

【MBTシューズの履き方】

基本的には通常の靴と同じように、踵にあわせて履いていきます。

 

①踵の芯をつぶさないように指や靴ベラを使って、足を入れます。

②紐を結ぶ前に、地面に靴の踵をトントンと軽く打ちつけて踵を納めます。

③つま先側の紐から締めていき、最後に甲の部分をしっかりと結びます。

 

 

【土踏まずのアーチが落ちている方】

土踏まずのアーチが落ちている方は、履くときに少し注意が必要です。

 

▲通常の足

▲土踏まずのアーチが落ちている足

 

自分の足の土踏まずが落ちているかどうかは、足を自然な状態で地面におろして、土踏まずの凹みの部分に人差し指と中指が入るかどうか試してみてください。

写真のように第一関節が入らないところで止まってしまった場合、アーチが低下している可能性があります。

 

▲土踏まずアーチ低下チェック

 

その場合には、靴に足を入れる際に、初めから地面に対して少し親指側を浮かした状態で足を入れて、そのまま靴紐を締めることをお勧めします。靴を履いているときは、踵から小指側にかけて体重がかかっている感じがすると思いますが、それで大丈夫です。

 

▲アーチ低下足の足の置き方

 

 

お知らせ一覧へ