MBT 赤い靴

足底腱膜炎と腰痛の方にMBTシューズ

2020年02月12

足底腱膜炎のお客様。土踏まずや踵に痛みが出る症状です。朝一番の立ち上がりの時に強い痛みがあります。
通常、足底腱膜炎が酷い場合には、すぐ近くの本店「ドイツ足の健康館」でインソール(中敷き)を作成できるので、そちらをご案内します。ただ今回は幸いMBTを履くだけでも痛みがでなかったことと、腰痛があるようなので、そのままMBTで歩き方指導をさせていただきました。
MBTのすぐれているのは、バランスを取らせるような靴底になっているので体幹は嫌でも使うことになりますが、足の裏は土踏まずが支えられいるため、踵の痛みが出にくく全然疲れないというところです。
体幹は使うけど、足そのものは全然疲れない。
さ、最高ですね。
しかもその方は最近体重が増えて、足の裏が痛くなってきたとのこと。
これ、足底腱膜炎あるあるですね。
自分の体重で過度に足底筋が伸ばされてしまうわけです。
MBTシューズだと、踵の痛みを抑えつつ、体重を減らす運動にもなるのでまさに一石二鳥!
ちなみにその方はMBTのカビサを買っていかれました。仕事中履けるのが嬉しいですね。

ちなみに足底腱膜炎については詳しい記事をこちらで書いています。
土踏まずや踵の痛み 足底腱膜炎

お知らせ一覧へ