MBT 赤い靴

MBTシューズの効果 椎間板ヘルニアとダイエット効果

2020年01月19

2年以上、外でも家でもMBTシューズを履かれているYさんがMBTの靴底の修理でご来店されました。

ほぼ毎日履いているようで、かなり痛んでおりましたが加水分解ではないので、なんとか修理できそうです。

そんな中でお話いただいたのがこの方が体感したMBTシューズの効果。

あくまで「個人の感想です」にはなってしまいますが、本当にMBTシューズが意図しているものが全て出ているといった感じです。

 

その1 腰痛

もともと椎間板ヘルニアがひどく、脚がしびれて動けなかったところMBTシューズに出会って歩けるようになったとのこと。

元々MBTシューズはバランスをとらせることで腹筋側の体幹を刺激し、本来の自然な脊柱のS字のカーブに導くというのが一番のウリなので、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など姿勢に関するトラブルには相性が良い靴です。

 

その2 2年間で6キロの体重減

あまりダイエット効果があるとは公には言っていませんが、理屈上は体幹の筋肉が日常的に使われることや、ふくらはぎの活動があがることで基礎代謝が上がることは大学の実験でも示されています。

でもこの靴の目的はダイエットではないので、あまり過度に期待されても困るのですが、実際そういった声は多く聞かれます。ただ体重減は腰痛や膝の痛みに効果的なので、体重が減ってから膝や腰の痛みがさらに軽減したとはおっしゃっていました。あともう1キロ減らしたいとのことで、さらに効果的な歩き方を伝授しておきました!(^^)!

 

その3 弱い左の足がちゃんと出てくるようになった

2度足首の捻挫をしているらしく、足首がグラグラだったらしいのですが、MBTシューズを履いて痛みがでにくくなり足がすっとでるようになったとのこと。これはMBTの踵にあるクッションが沈むことで、つま先が上がり足首がロックして安定性が増すという体の連鎖から生まれます。かなりわかりにくい話かと思いますが、踵でしっかり着地すると足首の安定感が増すので、その効果がでているのかと思います。

 

その4 便秘が良くなった

これはMBTシューズ履くと、自然と体幹とよばれるお腹の奥の筋肉が刺激されるので、内蔵の活動が活発になったためかなと考えれます。これも多くの方がおっしゃる話ですが、体を動かすということは大事ってことですね。

 

と、こんな風に書くといかにも怪しい靴になってしまいますが、あまりにもお客様がMBTシューズの効果を話されるので、思わずブログにあげていいか確認をとって書かせていただきました。

もちろん個人の感想ではありますが、MBTシューズが意図していることがうまく出ているのかな、という印象です。

最後に履きこんだMBTをパシャ!

MBTシューズの効果

 

Yさん、引き続き健康的な歩行を頑張ってください!

お知らせ一覧へ